台湾基本情報

まずは台湾の基礎情報を知っておきましょう。人口約2000万人、九州ほどの大きさの先進国で大変な親日国家である台湾ですが日本との正式な国交はまだありません。

台湾百岳 玉山南峰 3,844m 引用;from https://commons.wikimedia.org/wiki/User:Peellden

とても魅力的な台湾!


台湾では工業、IT産業が非常に発達しており、特に半導体やコンピューターなどの製造業については、その技術の高さからも世界のIT受託産業として存分に機能しています。
65歳以上の老人は日本の統治時代に日本語教育がなされた経緯から日本語を理解し話す方もまだ多くおられます。
台北や高雄などの大都市では近代的なインフラや交通網が整備されている反面、内陸のほうへ入ると未だに未発達な農村が広がったりする光景が見受けられます。東の山岳部へ入れば、東アジアでも珍しい現代の文化を未だ受け入れない原住民族も複数存在し、独自の言葉や慣習を守っている文化もあります。その数は約10とも20ともいわれています。
東アジアでは最高峰の玉山(3,952m)もあり風光明媚なその大自然環境は訪れる人を唸らせます。
また我々サーファーにとっては未開のビーチ、海岸が無数に点在する魅力的な島でもあります。

ビザ/パスポートについて

台湾では90日以内の滞在であればビザは不要です。パスポートの残存期間は滞在予定の日数以上が残っていれば良いようです。(2017年8月改正)かつては6ヶ月以上、3カ月以上残っていることが入境の条件でしたが、2019年現在では随分と変わりました。私も何度も渡航していますが、うっかりしていて6か月の残存期間がないことに出国後気づき、イミグレで何時間も待たされた挙げ句、結局帰国を命じられたこともありました。高山茶のお土産だけはしっかりと買いましたが。出国時の審査でなぜ教えてくれなかったかと当時思いましたが、皆様もこのようなことのないようパスポート旅券の有効期間の確認だけはくれぐれも気をつけてください。最終的な入国の可否は渡航先入国管理官によるものとなるようです。

台湾基本情報

サーフトリップの前に基本的な台湾情報を抑えておきましょう。

言語

北京語が主流です。繁体字(はんたいじ)と呼ばれる表記が標準となります。

通貨

台湾ドル(NT$ エヌティーダラーと呼びます。ニュー台湾ドル)チップの習慣はないですが、タクシーでサーフボードを運んでもらった時などはチップでお礼を示しましょう。
※2018年11月の為替レートは1元=3.6円。

時差

日本との時差は1時間です。ー1時間となります。ほぼ日本と同じ感覚で渡航することができますね。

気候

北部は亜熱帯気候。南部は熱帯気候になります。1年中温暖な気候で明確な四季はありません。基本暑いことが多いですが、建物内は冷房をかなりきかせるので、上着はいつの季節も必須です。

Wi-Fi

Wi-Fi網は日本同様比較的整備されていますが、台湾語に慣れていないと難しいかもしれません。私の経験上、スマホ海外パケット定額でなければスマートフォンは安易に使うべきでないですね。

飛行時間

日本と台湾は台北、高雄を中心に数社の航空会社がエアラインを就航しています。東京—台北で直行便約3時間30分、大阪—台北で約3時間です。那覇からはなんと約1時間30分ほどで到着します。

国内線

南台湾へアクセスするには高雄(カオシュン)へのダイレクトフライトが便利ですね。恒春(ヘンチュン)に飛ぶ国内線があればベスト。ヘンチュンまで来れば懇丁もすぐそこですね。

電圧

110V、60Hzが用いられています。日本の家電はそのまま動作することが多いです。プラグ形状もほぼ同じです。精密機器で気になる方は変圧器を持参しましょう。

「日本より格安!」台湾空港で借りる 無制限4GポケットWi-Fiレンタル

179円/日〜

4G ポケットWi-Fiレンタル

台湾松山空港受取り  返却は別空港OK!

5096 review

05:00-22:00

179円/日〜

4G ポケットWi-Fiレンタル

高雄空港受取り 返却は別空港OK!

5096 review

06:00-00:00

179円/日〜

4G ポケットWi-Fiレンタル

桃園空港受取り 返却は別空港OK!

5096 review

24時間OK

台湾で車を運転し自由にビーチへ行きたい!

私もそう思っていました。台湾中の好きな海岸を自由に走り波があるところでサーフィンがしたい!
サーファーなら誰もが想い描くサーフトリップです。
ここではその方法をご紹介します!

台湾で車を運転するには?

中国語翻訳文を事前取得しよう

日本の運転免許証を持っている場合、その免許証と中国語の翻訳文を持っていれば台湾で自動車等を運転することができます。台湾で運転する場合はいかなる場合も必ず所持している必要があります。 この翻訳文は台湾へ入って(台湾入境時)から1年間有効となります。有効期限内であれば繰り返し利用することができます。

日本のJAFで事前発行(サーフトリップ前)

日本で事前に中国語翻訳文を入手するには、JAF(日本自動車連盟)の各支部が便利です。翻訳文発行申請書を事前に記入した上で、最寄りのJAF支部翻訳文発行窓口に持ち込むことで即日発行されます。翻訳文発行申請書はこちらからダウンロードできます。 発行に必要な料金は3,394円です。即日とは言え発行までは数時間待たされますので 時間に余裕を持って行かれると良いでしょう。窓口によっては日数がかかる場合もあるようですので、事前に問い合わせましょう。

台湾の交流協会で発行(サーフトリップ後)

台北もしくは高雄の日台交流協会で申請、発行してもらうこともできます。現地の事務所では日本の免許証、旅券の他中国語訳文の申請書が必要になります。
参考までに現地の交流事務所を記載しておきます。
交流協会台北事務所 9:00〜12:30,13:30〜17:30+886-2-2713-8000、10547 台北市慶城街28號 通泰商業大樓(Tung Tai BLD., 28 Ching Cheng st.,Taipei)
交流協会高雄事務所 9:00~12:30,13:30~17:30+886-7-771-4008、高雄市苓雅區和平一路87號9F 南和和平大樓
必要書類: (1)申請時点で有効な運転免許証の原本(2)旅券(台湾への最終入境年月日が確認できるもの、旅券更新により二冊になる場合は両方の旅券)(3)申請書(窓口にあります。)
時間が取られることが予想されるので、日本で事前準備しておいたほうが無難でしょう。

※日本台湾交流協会の東京事務所では、中国語翻訳文の発行は行なっておりませんので、お間違えないようにしてください。

台湾でレンタカーを借りるには?

台湾でレンタカーを借りて運転する場合、前述の通り日本の免許証と中国語翻訳文が必要となります。パまたスポート掲示が必要であるのと、クレジットカードは必須です。これらは必ず忘れずに用意したいですね。

台湾ではレンタカーは左ハンドル、右側車線走行が基本ですので、慣れるまでは少し時間がかかるかもしれません。そして気になるレンタカー料金ですが、トヨタカローラクラスを1日借りた場合、約2500元(日本円で約9000円)程度です。コンパクトタイプであれば7000円/日から借りることができます。レンタカーは日本同様ホテルや空港などで借りることができます。

台湾サーフトリップの場合、高雄空港や懇丁で借りる場合が想定されます。ただし台北同様、高雄周辺はバイクなど交通量が多く大変運転マナーが悪いので、懇丁へタクシーもしくはバスで移動してから現地でレンタカーを借りたほうが無難です。

和運租車(股)公司

高雄空港で借りることができるレンタカー会社です。トヨタの資本も入っていますので、和運租車は比較的安心して利用できるかと思います。
https://www.easyrent.com.tw/

格上租車

その他高雄空港で借りることができるレンタカー会社では格上租車があげられます。新幹線駅も含め市内3カ所でレンタカーを借りることができます。
https://www.car-plus.com.tw/

南台湾・懇丁でレンタカーを借りるならココで!

平安租車



射撃場がメインですが、バイク、車のレンタルを行っています。とても気の優しいオーナーがおられ簡単な英語でやり取りが可能です。日本語も少し話せます 
TEL:(08)8861626 Mobile:0932301866

夏都沙灘酒店(シャトービーチリゾート)


ケンティンの中心地にある大型のリゾートホテルです。日本語を話すスタッフもおられとても快適なレンタカーサービスを受けることができます。超快適なサーフトリップ宿泊先としてもオススメです。

上記でご紹介のホテル、レンタカー会社は全てケンティン市街にあります。
高雄空港や新幹線駅にて自分でレンタカーを借りて、現地に入りたい方は下記のリンクもチェックしてみてください。
格安なレンタカーを借りることができます。

【空港・駅引き渡し】台湾格安レンタカー(平日:1,399NTD/日)

1,399NTD/Day

台湾で格安レンタカーならKKDayで!
【空港・駅引き渡し】台湾格安レンタカー(平日:1,399NTD/日〜)

台湾でレンタカーを借りるなら絶対KKdayがお得!平日は5人乗りがなんと1日1,399NTDと超格安です。台湾の各空港、新幹線・鉄道駅での引き渡しで、時間の節約もできちゃいます!のんびり楽しく台湾をドライブしましょう。台湾, 台東, 嘉義, 新竹, 桃園, 新北市, 花蓮, 高雄, 台南, 台中, 台北にてレンタカーを借りることができます。

90 review

2営業日以内に予約結果を知らせてくれます。急ぎましょう


格安レンタカー詳細はこちらから

サーフライド.netとは?

Surfride.netは台湾サーフィンの魅力をお伝えするサイトです。台湾は日本同様に四方から素晴らしい波がブレイクするサーフアイランドです。日本のサーファーの皆さんが少しでも快適に波乗りできるよう良い情報をお届けします。

人気コンテンツ

サーフライド.net HOME
格安航空券
台湾サーフィン宿泊
台湾サーフガイド
格安レンタカー
運転手付きレンタカー
台湾新幹線(割引付き)

運営会社

NowhereSurf LLC,
東京都江東区豊洲4-11-25
info@nowheresurf.com

当サイト記載のコンテンツの無断使用を禁じます。