東台湾サーフポイント

未開の地が残る台湾東部のサーフポイントをご紹介。

台東、花連を中心とする台湾東部のサーフエリア。ダイレクトに太平洋のうねりを通年拾う大変パワフルな波乗りエリアです。台湾内でもまだまだアクセスもそれほどよくなく、鉄道網が中心となっており、未開の地の印象が未だありサーフィンは発展途上中のエリアです。

台湾では東海岸と呼ばれますが、八仙、烏石鼻、宜湾、成功鎮海岸、都歷、東河河口、金樽湾、興昌、花蓮県の磯崎などは年々サーファーも増え、日本人以外の欧米のサーファーも増え始めました。日本と同様でやはり太平洋に面したエリアは最もサーフィンに適していると言えます。ただ日本と異なり島で発展するのは西側エリア、東海岸は大自然が未だ残るサーフトリップに魅力的なスポットです。

東河(ドンホー)

東台湾、台東のメインポイントです。東河は台東で安定的に波があり人気のポイント。広いエリアでパワフルな波が特徴。サイズがある場合はカレントも強く注意。台湾でよくある石を中心とした構成で非常に滑りやすいため注意。ポイントブレイク。
南西よりのうねりを拾うとよりハイクオリティのブレイクを見せます。

豐濱(フォンビン)

東台湾のビッグウェーブスポットであり、花蓮ファーレンのメインポイント。
ポイントブレイクでありながらリバーマウスもあり、地形が決まるとマシンウェーブが楽しめる。
波に当たる確率が高く、ローカルやエキスパートが集結するサーフポイントと言えます。

成功(チェンゴン)

普段は波の立ちにくいALLリーフのポイントブレイクエリア。ひとたび北東よりの強いうねりが入り始めるとマシンウェーブとなり、ロングランできるクオリティの高い波が割れる。
上級者、ローカル向けの波。

金樽(ジンズー)

東台湾にしては比較的厚めの波が多いロングボードに適したポイント。ポイントブレイクにより、左右に走れる波が入る。
サイズがあがるとカレントも左右に強くなるため、初心者の方は注意が必要です。

木瓜溪(ムグア)

東台湾、花蓮市ファーレンのメインポイントのひとつ。通年波乗り可能なビーチブレイク。リバーマウスにより波のブレイクポイントが異なる。

八仙洞(バシャンドン)

レフトのロングライドが可能な波がたつ、台湾ローカル間で有名なサーフポイント。上級者向けのパワフルな波が中心のサーフスポット。

サーフライド.netとは?

Surfride.netは台湾サーフィンの魅力をお伝えするサイトです。台湾は日本同様に四方から素晴らしい波がブレイクするサーフアイランドです。日本のサーファーの皆さんが少しでも快適に波乗りできるよう良い情報をお届けします。

人気コンテンツ

サーフライド.net HOME
格安航空券
台湾サーフィン宿泊
台湾サーフガイド
格安レンタカー
運転手付きレンタカー
台湾新幹線(割引付き)

運営会社

NowhereSurf LLC,
東京都江東区豊洲4-11-25
info@nowheresurf.com

当サイト記載のコンテンツの無断使用を禁じます。