南湾(ナンワン)南台湾サーフィン


南湾のサーフポイント スペック

南台湾、墾丁エリアのメインサーフポイント。ローカルのメインポイントといえます。バシー海峡に低気圧や台風が抜けないと波がたたないことが多いですが、南うねりが入ったときのブレイクの質は高いものがあり、ローカルが続々と集まります。

日本人はほぼいませんが、波乗りマナーさえ守っていれば暖かく迎え入れてくれます。シャワーやトイレなど整備されており観光客も多く、ローカルがとても大事にしているポイントなので大勢で入ってリズムを乱すなどの行為はもってのほかです。アウトからしっかりショルダーのはった波はインサイドまでのりつなげます。レギュラーが良いです。

頭ひとつ超えたあたりからチュービーな波になります。ローカルはチューブを求めて集まってくることは多いですが、日本ほどはレベルが高くないです。波にあたるとラッキーと言えますが、ローカルと共存したい素晴らしいポイントです。

メインシーズンは南うねりを拾いやすくなる秋から冬にかけてのシーズンです。夏場の台風シーズンでは、台風の進路によって南うねりを拾いブレイクしはじめます。12月ごろは例年良い波がたちますが、天気によっては南国と言えどもウェットは準備しておいたほうがいいです。

スプリングでも十分ですが、ロンスプやシーガルも役立つでしょう。うねりの向きにもよりますがダブルからトリプルくらいまでのサイズに耐えられます。ボトムはサンド+リーフがメインとなっているため干潮時には要注意です。切れやすい岩もあるので注意しましょう。大切にしたいサーフポイントです。

初心者から楽しめます。

西寄りの風がオフとなります。

通年東寄りのうねりを拾います。台風シーズンが楽しめます。

腰くらいから楽しめますが、南湾が真価を発揮するのは、一つサイズを超えてから。リーフ棚にヒットしダブルからトリプルまで耐えます。

サンドの箇所も多いが基本リーフエリアなのでかつ滑りやすいことからリーフブーツがあったほうが無難。ロータイド時は特に注意したい。

リゾート地だけに駐車場、トイレ、シャワーなど設備は充実。レンタルショップでも気軽に板など相談できます。ロングボードなどは借りたほうがいいですね。

南湾サーフマップ

住所:

屏東縣 恆春 鎮南灣路223號

アクセス:

南湾へは懇丁エリアの中心街から3Kほど。どこに宿泊してもアクセスは良いといえます。いつ行ってもにぎやかな楽しい街並みです。
道路を渡ればサーフショップが何軒か軒を連ねています。ロングボードなど安く貸してくれるのでサーフボードを持参しなくても安心です。

サーフライド.netとは?

Surfride.netは台湾サーフィンの魅力をお伝えするサイトです。台湾は日本同様に四方から素晴らしい波がブレイクするサーフアイランドです。日本のサーファーの皆さんが少しでも快適に波乗りできるよう良い情報をお届けします。

人気コンテンツ

サーフライド.net HOME
格安航空券
台湾サーフィン宿泊
台湾サーフガイド
格安レンタカー
運転手付きレンタカー
台湾新幹線(割引付き)

運営会社

NowhereSurf LLC,
東京都江東区豊洲4-11-25
info@nowheresurf.com

当サイト記載のコンテンツの無断使用を禁じます。